本文へ移動
株式会社駅前アルプス
〒450-0002
愛知県名古屋市中村区
名駅4-4-10
名古屋クロスコートタワー1F
TEL.052-565-1417
FAX.052-561-0390

・登山用品の販売
【定休日】毎週火曜日
【営業時間】
10:30~20:00 (月~土)
10:30~19:30 (日祝)

スタッフブログ

RSS(別ウィンドウで開きます) 

蝶ヶ岳 日帰り弾丸登山

2015-10-16
北アルプスからはもう雪便りがちらほらと届き始め、
「これはいかん、雪に埋もれてしう前に行っておかねば・・」と
10月13日に蝶ヶ岳へGO
毎度のことながら、前日の夜出発の弾丸日帰り登山
 
日帰りのため、少しでも短時間で行ける三俣からのコースを選択。
登山口のお天気はピーカンのお天気というわけではないにしろ、
そこそこのいいお天気で元気よく出発
 
途中、有名な「ゴジラの木」とも戦い(笑)、まめうち平までは快調、快調
「さすがは北アルプスの入門コースだけあって歩きやすいわぁ」と甘くみていたのも束の間、
そこからはけっこうな登り
しかもガスが出てきて、あたりは真っ白・・・
高度を上げるにつれ、登山道にも雪が・・・
下りてくる人達の服装が雨具・・・
「これは頂上での景色は断念せねば・・」とテンションだだ下がりでひたすらの登る、登る
 
ところがところが、
ガスの中にうっすらと蝶ヶ岳ヒュッテの赤い屋根が見えてきたと思ったら、
ブワァ~~~とガスがはれて、目の前に穂高連峰がドド~~~ンと
前穂高、その奥に奥穂高、その横には北穂高が大迫力
槍ヶ岳は恥ずかしがり屋さんなのか、ちょっと見えず
 
いやぁ~、さっきしょんぼりと下っていった方々に申し訳ないほどの絶景が
やっぱり、日頃の行いの良さがここに出たかっ(笑)
 
蝶ヶ岳の山頂って、平でどこが山頂なのかよくわからないところでしたが、
穂高連峰の山々を見るには抜群の場所なんですね
 

パノラマ銀座、初ソロ縦走!

2015-08-20

8月17日から2泊3日で、燕岳から常念岳への縦走、通称パノラマ銀座を歩いてきました
今回は初のソロ登山
ところが、初日の17日がけっこうな雨で、テンションだだ下がり

心が折れそうになりながら、ひたすら燕山荘に向かう私
朝一番の「しなの」に乗って10時に穂高の駅、という遅目のスタートのせいか、登ってく人ゼロ

(若干、寂しいやん

第1ベンチ、第2ベンチ、第3ベンチと雨の中を休憩する気にもなれず

ひたすらとっとこ歩く私
とその時、ヤツはまたまた突然やってきたではないか

 足攣りです・・・今度は左ふくらはぎ
友達に教えてもらったピップエレキバンは太ももに貼ってたので「おいっ、今度はこっちかよ

と一人突っ込みを入れながら芍薬甘草湯を飲んでみたら、あらっ不思議、治った

(コレ、お勧め)
そんなこんなで初日は雨の中の山行でした
 

で、2日目が今回の登山のメインの縦走
パノラマ銀座と言われる所以で穂高連峰を見ながらずっと歩いていけるめっちゃ景色のいい縦走路

・・・・のはずが雲が2700mあたりに垂れ込めてて、山々の姿を綺麗には見せてくれず、

若干不完全燃焼気味に常念小屋へ到着

 

で、迎えた3日目の朝。
やった、やりました、朝からめっちゃいいお天気

日頃の行いの良さがここに出たかっ

北アルプスの女神様がとうとう微笑んでくれました
朝5時半に小屋を出て、ひたすら常念岳の山頂へ
そこに待っていたのは、北アルプスオールスターズの面々
槍ヶ岳や穂高連峰が大迫力でドーンと
振り返れば、富士山やら乗鞍岳やら、もう360°の大パノラマ
絶景、絶景、大絶景
すばらしい景色を、もうお腹いっぱい堪能して帰ってきました
感動はプライスレスやね
私のカメラの腕前じゃ、皆さんにこの山々の迫力が伝わらないのが残念だけど、

少しだけでもおすそ分けです

八ヶ岳赤岳

2015-07-10
7月7日、梅雨の真っ只中ではありますが、
「長野県北部は曇り」という天気予報に望みを託し、いざ八ヶ岳へ!
 
美濃戸から南沢を経て行者小屋へ、そのあと文三郎尾根を通って赤岳山頂へ。
そこから、横岳、硫黄岳を踏破して赤岳鉱泉へ下り、北沢を経て美濃戸へ戻る・・・という計画なので、
前日の23時に名古屋を出発
途中、諏訪SAで2時間ほど仮眠をとり、美濃戸口に5時に到着。
5時半に登山開始
行者小屋まで暑くも寒くもない快適登山で順調
 
この調子で山頂まで・・・という私達の願い虚しく、文三郎尾根の途中でが・・・
おまけに稜線に出ると、八ヶ岳特有の風も・・・
と・と・ところが、最後の急坂の岩壁をガシガシと登りきると目の前に
ドドド~~ンと富士山の勇姿が
「でかい」「かっちょいい」「綺麗
富士山をみると興奮する私は、コテコテの日本人だな・・と実感(笑)
富士山も私達も下に雲海を従えてて、この日はきっと下からは富士山は見えなかっただろうから
この勇姿ははここまで登ってきた人だけへのご褒美だよね
 
そのあと山頂をに到着後、赤岳天望荘で休憩しているとお天気はどんどん下り坂に。
窓の外はけっこうな雨と風・・・・
結局、横岳と硫黄岳は諦めて下山することに。
 
下山は地蔵尾根を下ろうと、最初の急坂を下り始めたその時、事件は起きました
突然、私の左太ももが攣ったではありませんか
オーマイガッ~
ふくらはぎのこむら返りの経験はあるけど、太ももの攣りって初めての経験・・・
一緒に行った友達が「足攣り?肉離れじゃないね?なら、大丈夫!」と
スゴ技でマッサージをしてくれて、何とか復活ホッ
再び歩き始めるも、今度はなんと右太ももが攣った
またしても、友達が神の手でマッサージをしてくれて復活ホッ
そのあと、いつまた足攣りが来るか冷や冷やしながらも、無事に下山できてよかったよかった
いやぁ~、ホント、焦ったわぁ
 
後日、「足攣った時には、ピップエレキバンを貼るといいらしいよ」という都市伝説を聞き、
「今度から山へ行く時には、ピップエレキバンを持参しよう」と心に決めた私であります(笑)

西穂高独標

2015-06-05
6月2日(火)、朝からいいお天気絶好の登山日和
 
昨年10月に行こうと計画を立てたものの、悪天候で延期になっていた西穂高に
行ってきました!
 
新穂高ロープウェイを降りてから、西穂山荘までは、
けっこう雪が残ってたものの、靴の踏み跡はしっかりあったので、ノーアイゼンで。
でも、やっぱり歩きにくかったので、皆さんは横着せずにアイゼン着けましょうね(笑)
 
西穂山荘から、丸山を経て独標までは、まぁ~、絶景、絶景!!
お隣の焼岳、その向こうには白山、
目の前には笠ヶ岳、そしてあの槍ヶ岳もしっかりと!!
上高地も上からしっかり見えて、「お~い!」って手なんか振っちゃったりして(笑)
やっぱり、山はお天気のいい日に登るに限るねぇ~
今回は時間の都合で独標までしたんですが、次回は西穂高山頂にアタックするぞっと
 
下山の途中で出会った韓国からのツアーの人達、
ニュージーランドから来たという日本語がとってもお上手なおばちゃま、
ニコニコ顔でスタスタ歩いてたフランスから来たご夫婦、
皆さんとってもフレンドリーで、プチ国際交流もしてきた今回の登山でした
 

夏山に向けてのトレーニング登山②~神石山から坊が峰への縦走~

2015-04-16
4月14日(火)
この日は1週間前からずっとマークが取れない天気予報で、神頼みをしつつ迎えた当日の朝
起きると・・・・
 
8時間歩くロングランなコースだというのに、なってこったと、日頃の行いの悪さを反省(笑)
 
心が折れそうになりながらも
「北アルプスで雨に降られたらこんなもんじゃないぞ!」とか
「レインウェアのいい性能テストが出来るぞ!」と自分を励ましつつ、いざ出発
 
JRの二川駅から、豊橋自然歩道に入り、愛知県と静岡県の県境をずっと15kmあるくコースで、
神石山で300mちょっと、終点の坊が峰で400mちょっとと標高はそんなにありませんが、
登っては下っての連続。
しかも、雨で下りがズルンズルンと滑る滑る
 
ゴアテックスのレインと言えど、やっぱりずっと雨では汗がでていく間もなくビッショリ
おまけに、ザックカバーをしていても、ザックの下の方はかなり濡れが中に侵入して、
2気室のザックの下の部屋に横着して無防備に突っ込んだ私の着替えは残念なことに・・・
 
教訓
 「ザックカバーをしていても、絶対濡らしたくない着替えや精密機器は防水袋に入れよう
 
で、
ずっと雨だったため、写真も1枚もなし・・・
 
ってなわけで、今回は文章だけのつまらないブログになってしまいました(笑)
TOPへ戻る