本文へ移動
株式会社駅前アルプス
〒450-0002
愛知県名古屋市中村区
名駅4-4-10
名古屋クロスコートタワー1F
TEL.052-565-1417
FAX.052-561-0390

・登山用品の販売
【定休日】毎週火曜日
【営業時間】
10:30~20:00 (月~土)
10:30~19:30 (日祝)

スタッフブログ

RSS(別ウィンドウで開きます) 

2019年夏、今夏は北アルプスは黒部源流方面へGO!

2019-09-11
今年の夏山縦走は、北アルプスは黒部源流方面に決定赤いびっくりマーク
本当は雲ノ平に行ってみたかったのですが、休みが二泊三日しないので、なかなか難しい・・汗
無理して行っても、なんかもったいない山行になってしまうので、
今回は新穂高から鷲羽岳、水晶岳を目指すことにしました。
新穂高はもう何度も行ってるので道もわかってるから安心だし、山小屋もしっかりあるのでこっちも安心口を広げてにっこりした顔
やっぱりソロで行くと、こういうことも大事ですよね上を指す人差し指(手のひらが手前)
ということで、
1日目に、新穂高からわさび平、鏡平、そして双六小屋へ(歩行時間:7時間半)
2日目に、双六小屋から、三俣山荘を経て、鷲羽岳、水晶岳まで行き、同じ道を三俣山荘まで戻る(歩行時間:9時間半)
3日目に、三俣山荘から、一気に新穂高まで下る(歩行時間:7時間半)
というけっこうハードなスケジュール
大丈夫か、私??(笑)動揺した顔
お盆に台風で泣きをみた方々には申し訳ないくらいのいいお天気の日に出発突風
一日目、名古屋の自宅からぶっ飛び安全運転で2時間45分で新穂高に到着!
何とか登山者用無料駐車場にも入いれて、6時10分にはスタート口を広げてにっこりした顔
(あとで双六小屋で聞いた話では、前夜に新穂高に到着したら、無料駐車場の入り口におじさんが立ってて、
「ここは満車だからダメ。鍋平の方に行って」と言われて、ここに入いれなかったらしいです。鍋平からだと登山口まで30分は歩かなきゃいけないので辛いよね・・・)
順調に、わさび平を通過し、鏡平ではめっちゃかっこいい槍ヶ岳をバッチリ拝み、13時45分には双六小屋に到着3つのびっくりマーク(吹き出し)
思ったより早く着けたので、このまま三俣山荘まで行っちゃおうかな・・とも思ったのですが、
明日の9時間半の強行軍に備えて、早めにのんびりすることに。
同室のソロで来てる女の子達6人と話が弾んで、、もうワイワイガヤガヤとそれはもう楽しい楽しい口を広げてにっこりした顔3つの音符
皆さんのいろいろな山行の話が面白くて、ホント女の子達のパワーには感心させられるわぁ3つのびっくりマーク(吹き出し)
と、楽しく過ごしてる時間も束の間、明日のお天気はいいものの、明後日は大雨強風、台風並みの嵐になる予報とのことが判明!
雨の中を歩くのは覚悟したとしても、鏡平からわさび平の間の沢が増水すると通行止めになるらしく、
たぶん水曜は通行止めになる確率が高いとの山小屋情報が。
オーマイガーッ驚いた顔驚いた顔驚いた顔汗
木曜には仕事があるので、水曜のうちに下山できんとアウトな私には、通行止めはNG・・NG
とうわけで急遽、明日は、泣く泣く鷲羽岳、水晶岳は辞めて、双六岳と三俣蓮華岳の2座の登頂にして、
そのまま一気に新穂高まで下山するということに変更。
残念ではあるけど、ソロだとこういうふうに臨機応変に計画変更ができるのでいいですよねいいね(手のひらが手前)
2日目の朝、綺麗な朝焼けを見て、双六小屋を出発し、まずは双六岳山頂へ上に曲がる右矢印(赤)
山頂で待っていてくれたのは、360度の超素敵な絶景が3つのびっくりマーク(吹き出し)きらきら
目の前には、大好きな槍ヶ岳をはじめとする北アルプスオールスターズの面々、
そしてお隣にはド~ンとそびえる見事な山容の笠ヶ岳。
しばらく見入ってしまうほどの絶景を堪能し、三俣蓮華岳へ向かってGO突風
三俣蓮華岳へは、右手にかっこいい鷲羽岳をずっと見つつ、アップダウンはあるものの快適な稜線の登山道を進み、
三俣蓮華岳の山頂に到着上に曲がる右矢印(赤)
そこには、これまた創造を絶するほどに超素敵な絶景が3つのびっくりマーク(吹き出し)きらきら
山頂から見えたのは、ずっと行ってみたかったあの雲ノ平上に曲がる右矢印(赤)上に曲がる右矢印(赤)上に曲がる右矢印(赤)
全容が一望できるではありませんか3つのびっくりマーク(吹き出し)
こんな山奥の、こんなに標高が高い所にひょっこりと現われる楽園・雲ノ平・・・・
大きな大きな雲の平の真ん中にポツンと見える雲ノ平山荘の赤い屋根が、めっちゃキュート3つのびっくりマーク(吹き出し)色とりどりのきらきら色とりどりのきらきら目がハートになっている顔
その向こう側にそびえる薬師岳の堂々とした山容もあいまって、ほんと感動ものでした3つのびっくりマーク(吹き出し)
私のiPhoneの腕前じゃ、その感動をお伝えできないのが残念無念・・・水滴
大絶景でお腹いっぱいになった後は、新穂高までの一気の下りが・・・まいった顔
下りと言えど、けっこう登りも有りぃののロングランの下りをスタコラスタコラと下り、
途中の鏡平山荘では名物のかき氷を食べるものも忘れず(笑)、3時半には無事に新穂高へ到着突風
歩くこと10時間の一日でした汗
到着後しばらくして、今までのいいお天気がウソのように雨が降り出してきたので、早目に下りてきたこの判断は正解◎だったと
自分を褒めてあげました(笑)
口を広げてにっこりした顔いいね(手のひらが手前)
というわけで、今回は計画していた鷲羽岳、水晶岳には行けなかったのですが、
いいお天気の中、双六岳、三俣蓮華岳の2座の登頂も出来、何より大絶景に出会えた今回の山行は
大満足でした口を広げてにっこりした顔2つのハート
来年は行くぞ、雲の平、鷲羽、水晶・・・待ってろよ
3つのびっくりマーク(吹き出し)
 
PS、
後で気付いたのですが、ちょっと前にいった「乗鞍岳」と全く同じウェアで今回も行ってしまった私・・・
写真のウェアが同じじゃん汗
あかん、これは大反省下に曲がる右矢印(赤)下に曲がる右矢印(赤)
 

今年の初登山は涼を求めて「乗鞍岳」へ

2019-08-07
山に行こうと計画すると「雨」だったり、
ギックリ腰をやったりで、ダラダラしていた私ですが、
昨日やっとこさ、行ってこれました口を広げてにっこりした顔いいね(手のひらが手前)
名古屋は連日の猛暑で、「こりゃ3000mの涼しいところに行かねば・・・」と思い立ったのが「乗鞍岳」。
とっても初心者コースなのですが、実はまだ行ったことがなかったんです舌をだしたニンマリ顔モジモジ
まぁ、人気の山だけあって、火曜日といえど、けっこうな賑わい。
学校登山の団体さんグループの間になっちゃたりして、まるで引率の先生状態になりながら(笑)、数珠繋ぎの登山に汗
でも、お天気にも恵まれて、頂上からは常念から槍ヶ岳、奥穂高と北アルプスの山々の絶景が拝めましたよ3つのびっくりマーク(吹き出し)
かかった時間はゆくっり登っても1時間半だったので、
初心者の方の3000mデビューにはちょうどいい感じですよね!
高山ICのおかげで、名古屋からのアクセスも超便利になったことだし、お勧めですオススメ(赤)
 
で、畳平からほうのき平に戻るバスの途中で、突然の大雨と雷が動揺した顔傘雲
それはそれは、半端ない嵐が急にきてビックリ動揺した顔
これが乗鞍岳にまだいた時にだったら、いやぁ~大変だったわ・・・汗
バスを降りてから、雨がやむまでバスの待合所でのんびり雨宿りして、こんな凄い雨が降ったのに、まったく雨に濡れなかった私達の強運を喜びながら、無事に帰宅タクシー突風
 
皆様、山はやっぱり午後から急に雨が降ることがありますので、
どんなにお天気のいい日でも、雨具だけはちゃんと持っていきましょうね3つのびっくりマーク(吹き出し)

今年は穂高の山を満喫しております!

2018-11-04
この夏は穂高の山を堪能しております!
10月9日、この日は文句なしのいいお天気で、涸沢の紅葉も気になりましたが、西穂高岳へGO!
暑くもなく、寒くもなくの、ホントの絶好の山行日和太陽
西穂高岳山頂からは360度の大絶景が堪能できて、降りるのがもったいないくらい口を広げてにっこりした顔
西穂高岳から奥穂高岳へ続く急峻な峰々や、その先にちょこんと顔を出す槍ヶ岳3つのびっくりマーク(吹き出し)
この角度で穂高の山々をドド~ンと見れるのは西穂高岳ならではですよね目がハートになっている顔
まっ、難を言えば、ロープウェイの始発が8:45って遅すぎるわぁ・・・汗
登山者のことは考えとらんな困り果てた顔

今年は穂高の3000m級を一挙に3峰制覇!!

2018-08-20
今年の夏期休業はお盆を外した20日~22日に取らせていただき、ずっと行きたかった穂高の山々に行ってきましたsmiley
もちろん、いつものソロで
20日は午前3時に自宅を出発し、ひたすら「あかんだな駐車場」に向かってGO
あかんだな駐車場に着いたのが5時半だったので、早いわぁ
名古屋からの人は、上高地に入るにはこっちのが断然早いと思います
5時50分のシャトルバスに乗って、さぁ上高地にGO
6時50分に上高地を出発し、河童橋、明神池、徳沢、横尾・・・と定番のコースをルンルンと歩く歩く smiley
横尾まで2時間半・・・順調、順調
その後、本谷橋を通って、涸沢へ
久しぶりに来た涸沢、やっぱりココはいいわぁ、好き
本当は涸沢の山小屋に予約をしておいたのですが、涸沢に到着したのがお昼前だったことと、明日は天気が崩れる予報だったので、 「よぉ~し、穂高岳山荘まで行ってしまえぇ」と予定を変更smiley
涸沢からぐんぐん高度を上げ、ザイテン取付けまで1時間半、ここまでが意外と長く、「今からがザイテン本番なのに足疲れたじゃん」と若干後悔しつつも、ザイテンをガシガシ登り始めた10分後くらいに雨が
オーマイガッ~
あんな岩場でザックから雨具を出し、せっせと着こんでまたまた歩き始めると、来たぁ~~~~~~、足攣りが
まずは右足の太もも、即座に芍薬甘草湯を飲んで治まり、 またひたすらガシガシ登り始めると今度は左太ももが!
さっき飲んだばかりでいいのかな???と思いつつも、またまた芍薬甘草湯を飲んで治まり、何とか無事に穂高岳山荘に到着 よかった、よかった  
2日目はやはり朝から雨
こんな日に登っても景色は全く見えないし、危険だし・・・ということで、今日は小屋に停滞するとこに決定
こうやって臨機応変にスケジュールを変更出来るのがソロのいいところだよねぇ!
停滞するとはいえ、何もしないのも退屈なので、午後には雨もあがり、辺り一面ガスまるけの真っ白けっけではありましたが、 とりあえず、奥穂高山頂へ練習で一発登っておき、 そのあと、涸沢岳にも登って、本日の予定は終了!smiley
こんな天気の日だったので、どちらも頂上は閑散としていて、 涸沢岳なんか「誰か来ないかなぁ」と待ってはみたものの、誰もこないので写真が自撮りという羽目に
これがソロの弱点なんだよねぇ   kiss
で、今回のメインの3日目
昨日とはうって変わって朝からいいお天気
朝ご飯を済ませ、いざ奥穂高岳山頂へ
まぁ、昨日練習で登っておいたので、ガシガシ、スタスタと余裕で2度目の登頂 smiley
この日は、360度大パノラマの絶景絶景
やっぱり山はこういう日に登りたいよねぇsmiley
憧れのジャンダルムも、かっこいい槍ヶ岳もバッチリ
感動もそこそこに、今回のメインのもうひとつの前穂高岳と重太郎新道での下山に向けてGO
吊り尾根から紀美子平まで、いやぁ~、なかなかスリリングな岩場歩きがずっと続いて、穂高らしい緊張感の連続cheeky
紀美子平でザックをデポして、さぁ、前穂高岳へGO
これがなかなかハードな岩場登りの連続でしたが、 ガシガシ頑張って登って無事に登頂smiley
前穂高岳も登ってみたかったところなので、嬉しい
さぁ、残るは重太郎新道での超ハードな激下り
鎖や梯子の連続+「ちょっと足どこに置くの?」という箇所も有りぃのの、聞きしに勝る超ハードな岩場の連続
無事に岳沢小屋に到着したときの、ホッとした感は半端なかったです kiss
  でも、今回、頑張って奥穂高岳、前穂高岳、涸沢岳と3峰登るという当初の目的が達成できて、もう大満足smiley
達成感、半端ないですsmiley
 
  PS.
次の日から、超スペシャルな筋肉痛にやられてしまったのは ココだけの話です(笑)
それと、穂高の写真って、全部ヘルメット姿ばっかり、これも後から見ると「何だかなぁ~」と笑えます(笑)

今年の夏の初登山は蓼科山へ

2018-07-03
さぁ、夏山縦走に向けて、そろそろ練習登山に行かなくっちゃ・・・
と梅雨の合間を見計らって、「西穂高岳」に行こう!と計画した日の前々日に岐阜飛騨地方が豪雨に
高山や下呂方面にお住まいの方々、大丈夫でしたか?
被害はなかったですか?
高速道路も下道もあちこち寸断されて、通行不可能に
オーナイガ~ッ
で、急遽、その日の朝に行き先を変更して、八ヶ岳は蓼科山へ
八ヶ岳の中でも、初心者向けに選ばれてる山なので、
「ちょっと頼りないかなぁ・・・」と思いながらも、アクセスがいいので決定!
それに、行ったことのない山に行くって、やっぱりドキドキ感があって興奮するわぁ
あの豪雨がウソのようないいお天気で、嬉しい
蓼科山、歩き始めはスタスタと順調に高度を上げていったものの、
上の方は、けっこうな岩場の連続で、
「えっ、これって初心者向けの山???マジで???初心者の人、ちょっとビビらんかっ???」とぶつくさ言いながらも登る登るsmiley
でも、途中で地元の小学校の校外学習の団体様2つも遭遇して、
「そっかぁ、地元の子達にとってはまずは皆なが登る山なんだぁ」
とちょっと感激smiley
2500mの山頂は涼しかったし、夏山のトレーニングには、ちょうどいい感じの一日でした
 
 
 
TOPへ戻る