\ 駅アルならあるかも 人気の商品が揃ってます/
karrimor ridge 40 Midium 9000
karrimor ridge 40 Midium 9000
karrimor ridge 40 Midium 9000
karrimor ridge 40 Midium 9000
karrimor ridge 40 Midium 9000
karrimor ridge 40 Midium 9000
karrimor ridge 40 Midium 9000
¥22,000

karrimor ridge 40 Midium 9000

カリマーのスタンダードモデル<ridge40>がリニューアル。
数日の小屋泊まりからソロテントを使ったテント泊まで、
より広いトレッキングシーンに対応する容量とスペックを持っています。

吸湿発散性に優れた活性炭加工エアメッシュパネル採用
身体に触れる部分には「活性炭加工」を施したエアメッシュ素材を配置。
吸汗・速乾性に優れ快適さが長続きします。

レインカバー内蔵
ボディ下部にはレインカバー(付属)を内蔵するための専用ストレージを設けています。
携行忘れを防ぎ、急な雨にも対応できます。

ホイッスル付きチェストストラップ
チェストストラップは、より安定性に優れるタイプを採用。
ホイッスル付きで緊急事に役立ちます。

収納性に優れたマチ付きフロントポケット
マチ付きのフロントギアポケットは収納性にとても優れます。
表面にはジッパーマップポケットも配置されています。

ハイドレーション対応
ボディ内部にパックを収納し、チューブは雨蓋のホールを経由しショルダーハーネスへ。
先端部分のホルダーも完備しており、ハイドレーション一筋。という方にも満足いただける仕上がりとなっています。ホールは左右に設けています。 ※画像で使われているハイドレーションチューブはridgeの付属品ではございません。

アルパインで役立つヘッドクリアランス
岩場や急登など、頭を上に向けるようなシーンでは、
リュックサックの上部が邪魔になってしまうことも。
そんなときは雨蓋の前後に配置されているベルトを調整して、
クリアランスを設けることが可能です。頭部の可動域がグッと広がります。

ヘルメットなど携行する時にかけておくループを配置
雨蓋を開けると背面側に小さなループがあります。
ヘルメットを携行するときにかけておくループとして配置していますが、
他にもメインコンパートメントと雨蓋に荷物を挟むときに、
カラビナなどで固定することで安心して携行することができます。

 JANCODE 4589538625405
カラー ブラック
サイズ(縦×横×マチ) 70×32×26(㎝)
重量 1700g
収納可能サイズ 31~40L
留め具の種類 バックル
ポケットの数 10(外側8 / 内側10)
付属 レインカバー付き