\期間限定!送料0円キャンペーン実施中/

2019-09-11

執筆者: 投稿日:

2019年夏、今夏は北アルプスは黒部源流方面へGO!

2019-09-11
今年の夏山縦走は、北アルプスは黒部源流方面に決定赤いびっくりマーク
本当は雲ノ平に行ってみたかったのですが、休みが二泊三日しないので、なかなか難しい・・汗
無理して行っても、なんかもったいない山行になってしまうので、
今回は新穂高から鷲羽岳、水晶岳を目指すことにしました。
新穂高はもう何度も行ってるので道もわかってるから安心だし、山小屋もしっかりあるのでこっちも安心口を広げてにっこりした顔
やっぱりソロで行くと、こういうことも大事ですよね上を指す人差し指(手のひらが手前)
ということで、
1日目に、新穂高からわさび平、鏡平、そして双六小屋へ(歩行時間:7時間半)
2日目に、双六小屋から、三俣山荘を経て、鷲羽岳、水晶岳まで行き、同じ道を三俣山荘まで戻る(歩行時間:9時間半)
3日目に、三俣山荘から、一気に新穂高まで下る(歩行時間:7時間半)
というけっこうハードなスケジュール
大丈夫か、私??(笑)動揺した顔
お盆に台風で泣きをみた方々には申し訳ないくらいのいいお天気の日に出発突風
一日目、名古屋の自宅からぶっ飛び安全運転で2時間45分で新穂高に到着!
何とか登山者用無料駐車場にも入いれて、6時10分にはスタート口を広げてにっこりした顔
(あとで双六小屋で聞いた話では、前夜に新穂高に到着したら、無料駐車場の入り口におじさんが立ってて、
「ここは満車だからダメ。鍋平の方に行って」と言われて、ここに入いれなかったらしいです。鍋平からだと登山口まで30分は歩かなきゃいけないので辛いよね・・・)
順調に、わさび平を通過し、鏡平ではめっちゃかっこいい槍ヶ岳をバッチリ拝み、13時45分には双六小屋に到着3つのびっくりマーク(吹き出し)
思ったより早く着けたので、このまま三俣山荘まで行っちゃおうかな・・とも思ったのですが、
明日の9時間半の強行軍に備えて、早めにのんびりすることに。
同室のソロで来てる女の子達6人と話が弾んで、、もうワイワイガヤガヤとそれはもう楽しい楽しい口を広げてにっこりした顔3つの音符
皆さんのいろいろな山行の話が面白くて、ホント女の子達のパワーには感心させられるわぁ3つのびっくりマーク(吹き出し)
と、楽しく過ごしてる時間も束の間、明日のお天気はいいものの、明後日は大雨強風、台風並みの嵐になる予報とのことが判明!
雨の中を歩くのは覚悟したとしても、鏡平からわさび平の間の沢が増水すると通行止めになるらしく、
たぶん水曜は通行止めになる確率が高いとの山小屋情報が。
オーマイガーッ驚いた顔驚いた顔驚いた顔汗
木曜には仕事があるので、水曜のうちに下山できんとアウトな私には、通行止めはNG・・NG
とうわけで急遽、明日は、泣く泣く鷲羽岳、水晶岳は辞めて、双六岳と三俣蓮華岳の2座の登頂にして、
そのまま一気に新穂高まで下山するということに変更。
残念ではあるけど、ソロだとこういうふうに臨機応変に計画変更ができるのでいいですよねいいね(手のひらが手前)
2日目の朝、綺麗な朝焼けを見て、双六小屋を出発し、まずは双六岳山頂へ上に曲がる右矢印(赤)
山頂で待っていてくれたのは、360度の超素敵な絶景が3つのびっくりマーク(吹き出し)きらきら
目の前には、大好きな槍ヶ岳をはじめとする北アルプスオールスターズの面々、
そしてお隣にはド~ンとそびえる見事な山容の笠ヶ岳。
しばらく見入ってしまうほどの絶景を堪能し、三俣蓮華岳へ向かってGO突風
三俣蓮華岳へは、右手にかっこいい鷲羽岳をずっと見つつ、アップダウンはあるものの快適な稜線の登山道を進み、
三俣蓮華岳の山頂に到着上に曲がる右矢印(赤)
そこには、これまた創造を絶するほどに超素敵な絶景が3つのびっくりマーク(吹き出し)きらきら
山頂から見えたのは、ずっと行ってみたかったあの雲ノ平上に曲がる右矢印(赤)上に曲がる右矢印(赤)上に曲がる右矢印(赤)
全容が一望できるではありませんか3つのびっくりマーク(吹き出し)
こんな山奥の、こんなに標高が高い所にひょっこりと現われる楽園・雲ノ平・・・・
大きな大きな雲の平の真ん中にポツンと見える雲ノ平山荘の赤い屋根が、めっちゃキュート3つのびっくりマーク(吹き出し)色とりどりのきらきら色とりどりのきらきら目がハートになっている顔
その向こう側にそびえる薬師岳の堂々とした山容もあいまって、ほんと感動ものでした3つのびっくりマーク(吹き出し)
私のiPhoneの腕前じゃ、その感動をお伝えできないのが残念無念・・・水滴
大絶景でお腹いっぱいになった後は、新穂高までの一気の下りが・・・まいった顔
下りと言えど、けっこう登りも有りぃののロングランの下りをスタコラスタコラと下り、
途中の鏡平山荘では名物のかき氷を食べるものも忘れず(笑)、3時半には無事に新穂高へ到着突風
歩くこと10時間の一日でした汗
到着後しばらくして、今までのいいお天気がウソのように雨が降り出してきたので、早目に下りてきたこの判断は正解◎だったと
自分を褒めてあげました(笑)口を広げてにっこりした顔いいね(手のひらが手前)
というわけで、今回は計画していた鷲羽岳、水晶岳には行けなかったのですが、
いいお天気の中、双六岳、三俣蓮華岳の2座の登頂も出来、何より大絶景に出会えた今回の山行は
大満足でした口を広げてにっこりした顔2つのハート
来年は行くぞ、雲の平、鷲羽、水晶・・・待ってろよ
3つのびっくりマーク(吹き出し)
 
PS、
後で気付いたのですが、ちょっと前にいった「乗鞍岳」と全く同じウェアで今回も行ってしまった私・・・
写真のウェアが同じじゃん汗
あかん、これは大反省下に曲がる右矢印(赤)下に曲がる右矢印(赤)

← 過去の投稿